モビリゼーションとは?

ドイツ語のモビリゼーション(Mobilisation, mobilisieren)は、「動かす、動員する、可動化」という意味をもつ言葉です。VAPの教科書から関連する内容を抜粋します:

…「私たちは日々、動けない患者さんについて車いすや肘掛け椅子へのモビリゼーションをします。ベッド上で過ごしている人については、2時間ごとに体位変換しています。」介助を提供している機関や施設で度々聞く発言です。より詳細に観察してみると気づかされるのは、日常のモビリゼーション(動かすこと)とはベッドからの離床にリフトを使うことであり、できるだけ手短に引っ張ったり持ち上げたりが混在する形で実施されていることです。ベッド上の体位変換は、タオル等の布で引っ張って行われます。

それでは動かしたことにはなりません。ただ単に居場所が変わっただけでは、身体が十分に動かされたことにはならないからです。私たちが自動車を運転したりエレベーターを利用して、それをもって身体のために良いことをしていると主張することはできません。健常者の運動系に対してエレベータを利用するときに求められる要件は、動けないクライエントがリフトやタオルで動かされることとほぼ比較できる程度であると言えます。」…

 

…「1回のモビリゼーションで、病状の重い人が何が何でも離床することが重要かというと、そうではありません。ベッド上の臥床期間に小さな動きで行う活動を用いて一貫したモビリゼーションを実施すればするほど、その後離床するときのモビリゼーションは容易になります。

第3の段階(クールダウン)で行う動きの援助を通して介助者はクライエントがリラックスして快適に過ごせるように心がけ、また褥瘡と拘縮を有効に予防しましょう。 (ドイツ褥瘡予防ガイドライン参照)」…(VAPナース資格取得のためのテキスト モジュール 1-4、13ページ)