「キネステティク」とはどういう意味なのか?

キネステティクという言葉はドイツ語圏では一般的によく使われる言葉です。

Duden(注:ドイツ語の正書法辞典):「キネステティクとは動きを感じるという教えである」

Meyers辞典:「ギリシャ語の’kinesthesia’が由来で、身体部位についてそれら相互および環境との位置関係と動く方向を知覚し、コントロールし、誘導する能力を意味する。」

 

キネステティクの始まりと発達

キネステティク・セミナーには、動きを指導する方法としてルドルフ・フォン・ラバン、アンナ・ハルプリン、エルザ・ギンドラー(Rudolph von Laban, Anna Halprin, Elsa Gindler)によるフェルデンクライス・メソッドとモダンダンスの様々な要素が取り入れられています。

 

「看護のためのキネステティク」というプログラムは、アメリカのDr. フランク・ハッチ氏とDr.レニー・マイエッタ女史によって開発されたのがその始まりです。1980年から1987年まで、二人は演劇教師、中毒患者や家族を対象にジェントル・ダンスとタッチ・ウェルという名称で教育を行っていました。

1987年に看護師向けのコースが設けられ、私(ハイディ・バウダー ミスバッハ)は受講生として参加します。

 

1990年から1994年、ハッチ氏、マイエッタ女史と緊密に協力しながら看護師向けの当時のベーシックおよびアドバンスコースの開発に取り組みました。1994年から1998年にIfK(Institut für Kinästhetik)の代表を務め、キネステティク最初のグループ教育やプロジェクトを実施したほか、キネステティクのトレーナー養成課程の授業で教えていました。

(VIV-ARTE®教育プログラム2006年版より)