VAPは、VIV-ARTE®動きの学校の代表を務めるハイディ・バウダー ミスバッハが提唱し、開発したケア・コンセプトです。看護・介護の現場ですぐに応用可能であることはとくに大事であり、ドイツ・ウルム大学病院と協力しながら臨床で日々開発が続けられています。

座学に臨床実習を組み合わせたセミナーです。超高齢化を迎える日本にとって”介助される人”の尊厳を守りつつ “介助する人”を悩ませる腰痛予防にもつながる介助方法であるとの思いを込め、提案いたします。

Contact VAPjapan

                           

                         Contact Japan Viv-Arte