VIV-ARTE®(ヴィヴ・アルテ)は生きる術を意味し、クロヒョウとともに動きの質および共に学ぶ喜びとを表しています。ハイディ・バウダーミスバッハが代表をつとめるVIV-ARTE®動きの学校は、1998年にドイツ・ウルム市で設立されました。

設立当初から、ケア分野に向けて動きの維持・向上を目的とした「キネステティク・プラス」を提案し、看護士をはじめとする医療従事者および家族介護者を対象に各種研修やセミナーを実施してきました。プログラム開発、学術研究および上級課程については、やはり1998年からウルム大学病院と協力して実施されています。現在、VIV-ARTE®ケア・コンセプト(VAP)とVIV-ARTE®トレーニング・コンセプト(VAT®)という二種類のセミナーを開催しています。

 

​         

​             2007年3月に、ISO 9001の認証を取得しています。

あ.jpg